FC2ブログ

もかのおバカな日常

日々の出来事、感じたことなどを気の向くままに書いています♪

島めぐり

せんさん(さまさま)企画の「島めぐり」 男木島→女木島へ行って来た。
参加者は、さまさま&はじめまして~の布団さん&ワシ。
参加予定だったringoちゃんは急用で行けなくなったので、
おっさん二人と紅一点のワシ・・・・・。
070722-1.jpg

高松港から10:00発の男木島行きのフェリーに乗って、10:40男木島到着。
海水浴へ行くファミリーたちがけっこういっぱい乗ってたけど、
途中の女木島で9割のお客さんが降りた。

ワシらが目指すのは、男木島にある「お食事処 (まどか)」
手打ちうどんもあって、うどんを食べるには、2日前までに予約しとかな
いかんのだってよ~
070722-2.jpg

港からすぐ近く(徒歩5分弱)
070722-3.jpg

070722-4.jpg

帰りのフェリーまで2時間以上あるんで、この店で飲み食いするしかないよね~
かんぱ~~~い
070722-5.jpg

暫くして、うどんが出てきた。打ちたてのうどん♪
ひしおぶっかけ」250円。 打ちたてうどんメニューはこれオンリ~
070722-6.jpg

「ひしお」とは味噌みたいなやつ。独特の風味があって、
やや太目のしっかりしたうどんによく合ってる。
めっちゃウマ~~~~~い♪
梅干の天ぷらも乗ってるよっ
070722-7.jpg

ビールのアテに注文したイカの刺身や地だこの天ぷらもウマ~~~~~♪
070722-8.jpg070722-9.jpg

でもまだ時間あるし、なんかお腹に溜まるモン食べたいね~
ってことで、メニューにあった「うどん焼」を頼むことにした。
うどん焼きは冷凍うどんを使ってるらしい。そりゃそ~だよね。
でもここでさまさまが
「打ったうどん、まだ残っとるやろ?打ち立てのうどんで作っていたぁ!」
などとワガママを言ったら、ナント作ってくれることになった。
わ~~~~~♪ 言うてみるもんやのぉ~
070722-10.jpg

さすが打ち立てのうどんで作ったうどん焼きはウマ~~~~~い!
具がいっぱい入ってて、量もけっこう多い。

特別に、男木島の郷土料理「南京豆の煮物」も出してくれた。
根菜類と一緒に、地元でとれたピ~ナッツを甘辛く煮てあるんだよっ
こいなん初めて食った。これまたウマ~~~~~♪
070722-11.jpg

ごちそうさま~~~~~! エエ店やったね~~~♪
070722-12.jpg


男木港13:00発のフェリーで、次は女木島へ(13:20着)
070722-13.jpg

「おにの館」到着。
ここでまたうどん食うんだってさ。 ワシ、もぉうどん要らんよっ
てか、ここってうどん屋じゃないから手打ちうどんでは無いようだし…。
なので、アイスクリ~ム
070722-14.jpg

ここでもまた2時間も時間潰しせないかん
モアイ像見ても時間潰れんし
070722-15.jpg

仕方ないので「洞窟」へ行くことになった。
今日のバス  冷房が無くて、「走る温室」だったね~
070722-16.jpg

女木島名物「謎の洞窟」到着。 一体何が「謎」なんだろ…
070722-17.jpg

洞窟の中は、1年を通じて気温が13度ぐらいなんだって!
めっちゃ涼しくて気持ちエエ~~~~~♪

鬼の小銭つかみ取りコ~ナ~があるっ(ウソ)
070722-18.jpg

「どっちが鬼でしょ~コ~ナ~」もあるっ(ホント)
070722-19.jpg

あれっ?もう出口じゃん。所要時間は約15分
これで500円は、ちと高いんちゃう? って感じの「謎」だった。

出口でさまさまがどうしても撮ってくれとゆ~ので、記念撮影
070722-20.jpg

女木島から15:20発のフェリーに乗って、高松港へ帰った。
「島」と言っても、女木も男木も同じ高松市内だから近いね~

港に着いたら、さまさまの愛妻○メさんが車でお迎えに来てた。
ワシも乗せて帰ってくれるとゆ~ので、送ってもらった。
○メさん、どうもありがと~~~~~♪

さまさま&布団さん、お疲れ様~~~
おもっしょかった~~~~~♪

スポンサーサイト